いつまでもキレイのために
更年期の時期は「私なんかダメ」と思いがちですが、そんな時こそおしゃれを楽しみましょう。
髪の毛の色を明るくしてみませんか?
ヘアスタイルを変えてイメージチェンジするのもいいですね。

髪の色やスタイルが変わるだけで似合う服も変わり、メイクも変わってきます。

今は年齢相応の服なんてありません。
今まで着たことのないファッションにチャレンジしてみるのと、気持ちも変わります。

鏡を見ていますか?
鏡の中の自分に微笑みかけてみてください。
鏡の中のあなたは微笑みがえししてくれます。

あなたが微笑むともう一人のあなたが喜びます。

いつもと違うメイクをしてみると、違うあなたに出会えます。
いつもと違うあなたは印象が変わってキレイです。
キレイなことは嬉しいことです。

キレイになってうれしいと、もっともっとキレイになりたくなります。
心がキレイを目指せば必ずキレイになっていきます。
キレイは生きるパワーを沢山与えてくれます。

気分が落ち込んでいたら、身体の調子が悪かったら、そんな気持ちになれないし、ボロボロですよね。
でも、ボロボロの時でも、鏡に向かって口紅をつけて、微笑んでみてください。
もう一人のあなたが、キレイを喜んでいます。

辛い更年期もキレイを意識して過ごしたら、キレイになっていく自分が辛さを乗り越えさせてくれます。
キレイを目指して生きましょう。

ここでのキレイは外面もありますが、内面のキレイも意味しています。
内面の心が元気でキレイになると、自ずと外面のキレイもついてきます。

元来私はネガティブな気質と性格で、心の病を何度も負いながら過ごしてきました。
しかし更年期という大変な時を乗り越えた時に、ネガティブではなく、クヨクヨしない前向きな生き方をしたいと思うようになりました。

長年自分が培ってきたものと反対の方向にベクトルを向けて行くのは簡単なことではありませんが、ポジティブな生き方で自分の人生の終わりを飾っていきたいと思うようになったのです。
(終わりといっても、女性の平均寿命は長いですから、あとどの位私の人生が残されているか、わかりませんが…笑)
自分の中のネガティブな思いは残っていますが、「人生はなるようになるのだ」と、心配しないおおらかな気持ちで前向きに生きていきたいと思っています。
自分の心を大切にして、自分のための人生を歩んで生きたいと思っています。それまでは、家族や周りの人のために私は生き、翻弄されていましたから。

昔は更年期を過ぎると、いつのまにか老けていっていましたが、私たちの時代は違います。
いつまでもキレイでいることは全く不可能ではないのです。
心のキレイと、外見のキレイを目指していきましょう。