更年期にはアロマテラピーがおすすめ

アロマ

質問者質問者

更年期の症状には、アロマオイルが良いと聞きましたが、どんなものがいいですか?


女医女医

五感の中で脳にダイレクトに伝わるのが「嗅覚」です。自律神経をつかさどる「視床下部」や感情や本能をつかさどる「大脳辺縁系」にその情報が伝わるので、更年期の様々な症状に悩む方の心と体のバランスを整えてくれます。
アロマにはそれぞれ症状に対しての効能がありますが、自分の好きな香りでリラックスできることが一番です。体は正直で、不思議とその日好きと感じる香が効きます。
アロマオイルを含ませた(ハンカチをバッグに入れて持ち歩けば、外出先でイライラしたときも、さっととり出して、好きな香りで気分をリフレッシュすることができます。

ローズ

たるみ、くすみ、乾きを予防

甘くやわらかなバラの香り。落ち込みから救い出し、気持ちを高め幸福感を与えてくれる。
更年期症状のイライラに有効。
ホルモンバランスを改善。
肌を強める作用があり、老化予防、乾燥肌のケアに最適。

ジャスミン

鎮静作用があり、抑うつ状態を助ける

フローラルで濃厚な香り。気分を落ち着かせるだけでなく、自信と活力を与える。
女性のセクシュアリティを高める作用がある。
ホルモンバランスを正常化させる働きがあり、不調をやわらげる。
乾燥肌、敏感肌のスキンケアにも。

ゼラニウム

イライラをしずめ心のバランスを整える

うっとりさせる甘い香り。心とからだを浄化してくれる。気分を高め、心のバランスを整える。
血行を促し、むくみや頭、首、肩、腰の痛みをやわらげる働きも。
ホルモンバランスを整え、更年期のイライラにおすすめ。

ラベンダー

からだを温め、むくみやうっ血を改善

甘くてすがすがしい香り。1本もっていると役に立つので便利。
心とからだの調整作用にすぐれていて、緊張をほぐし、落ち込んだ気分を引きたてる。
からだを温め、むくみやうつ血を改善。
肩こり、首の張り、頭痛、腰痛をやわらげる。

イランイラン

パニックを落ち着かせ、緊張をとぎほぐす

南国を思わせるうっとりするような香り。緊張やストレスでギュッと締まった心のネジをゆるめて、ほぐす効果が。
心身のバランスを回復させる。女性ホルモンバランスの調整と子宮強壮作用もある。

クラリセージ

緊張をやわらげ、気持ちを明るくする

甘くやさしい干し草の香り。サルビアの一種。
泣きそうになったらこのオイルを。緊張しヒステリックになった気分をやわらげ、気持ちを明るくする。
女性ホルモンをサポートする実力派。
更年期の不調に万能。

ローズマリー

消化器を元気づけ筋肉の痛みも解消

さっぱりした清涼感ある香り。疲れがとれず、体調がスッキリしないときに。
血行を促進し、冷え、むくみ、肩こりなどの筋肉の緊張をゆるめ、うっ血からくる痛みを改善。
消化器を元気づけ、便秘も改善。差し込むような腹痛にも。

ヘパーミント

心の不快を取り除き元気を取り戻せる

スッキリ爽やかな香り。無気力な心を元気に。
うっ血をとり、むくみを解消。不必要な汗やほてりをしずめ、血行を改善。
頭、首、肩、腰の痛みを緩和。吐き気、ムカムカにも。
ホルモン低下による心とからだの不快感に有効。

オレンジ

疲れや緊張をとり、明るく爽やかな気分に

甘くフルーティな柑橘系の香り。疲れや緊張をときほぐし、明るく爽やかな気分にしてくれる。
心が落ち込んだり、緊張や不安でパニックになったり、考え方が暗くなったとき、建設的な気持ちになれる。
食欲増進作用も。

フランキンセンス

しわ、たるみ予防に、気管支炎のトラブルにも。
お香として使われるスパイシーで複雑な香り。スキンケアでは引き締め効果が。
しわ、たるみの予防や軽減に。心に安らぎを与える作用も。
粘膜を鎮静し、喘息、気管支炎、せき、風邪の症状をやわらげる。

女医女医

アロマオイルを上手に選んで、心と体のメンテナンスに役立ててくださいね。