尿失禁

尿もれ、尿失禁は更年期障害?

質問者質問者

恥ずかしい話なのですが、尿が漏れてしまうことがあります。誰にも言えず悩んでいました。これも更年期障害でしょうか?病院に行った方がいいですか?


女医女医

意識せずにおしっこが漏れてしまう状態を、尿失禁といいます。
年をとると尿道を支えている筋肉(骨盤底筋)がゆるんで、軽い腹圧がかかっただけで尿漏れが起こります。
40~50代の女性の半数に尿失禁の経験があるといわれています。恥ずかしがることはないですよ。
更年期障害というより加齢によるもので、年をとるにつれてその頻度も高くなります。
尿失禁を防ぐには、骨盤底筋を鍛えるのが有効です。下腹部にぐっと力を入れて、膣や肛門を締めます。

更年期の尿失禁とは?

尿失禁は加齢にともなって増加し、更年期以降の女性に特に頻発する症状です。
特に多いのが、重いものを持ち上げたり、せきやくしゃみをしたとたんに意識せずに尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁です。
女性の尿失禁は、分娩後など骨盤の筋肉がゆるんでいるような状態でもしばしば起こりますが、年をとるにつれてその頻度も高くなり、40~50代の女性の半数に尿失禁の経験があるといわれています。恥ずかしさもあって一人で悩んでいる方も多いようですが、半分の女性が経験していることです。

尿失禁には、尿意があってもトイレまでもたずに失禁してしまう切迫性尿失禁があります。切迫性尿失禁は、基礎に脳血管障害や膀胱炎、膀胱がん、尿道炎などの病気をもった人にみられます。
脊髄神経障害や末梢神経障害など、明らかな病的状態にもとづく尿失禁もあります。
病的な尿失禁の場合は病院で診察することをおすすめします。

更年期の尿失禁の対策

そうでない「腹圧性尿失禁」に対する治療の基本は、ゆるんだ骨盤の筋肉群(骨盤底筋群)を強化することです。骨盤底筋群を鍛えることで、尿失禁の症状を軽くすることができます。
「腹圧性尿失禁」には、残念ながらホルモン補充療法は効果が期待できません。

骨盤底筋群とは?

骨盤内にある子宮、膀胱、尿道、直腸などの臓器を骨盤の底でハンモックのように支えている筋肉やじん帯のことを骨盤底筋群と言います。骨盤底筋群は、尿道や膣などを締める時に使われています。それが衰えると、尿もれや骨盤臓器脱などのトラブルを引き起こします。
尿失禁は、膀胱が下がり、尿道を締める力が弱まって、尿がもれやすくなっているため起こります。

骨盤底筋群が衰えてしまうのは、加齢や肥満が原因

簡単なトレーニングで、骨盤底筋群は強化できます
特に閉経後は衰えやすいので、その前に骨盤底筋群を鍛えておくと良いです。

骨盤底筋群を鍛えるには、尿意や便意を我慢するのと同じように下腹部にぐっと力を入れて、お尻の穴と膣をぎゅっと締める運動が効果的です。
産後の体操と同じ要領です。立ったままでも座っていても、好きな姿勢で行ってください。50回を1区切りにして、1日2回やればいいでしょう。

尿失禁対処法

 
外に出かけたりする時に、心配は方は尿失禁用のパッドを使用してみてください。最近は薄くて消臭効果もある性能のいいものが出ています。いざという時でも大丈夫、という安心感が症状を改善してくれるでしょう。