子宮体がん

子宮体ガンは更年期からかかりやすく、死亡率が高い?

質問者質問者

50歳の友だち子宮がんになったそうです。友だちが言うには、なおりやすい子宮がんとなおりにくい子宮がんがあって、自分のは厄介な方だと言っていました。子宮がんには種類があるのですか?治りにくい、治りやすいとかあるのですか?

女医女医

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の二種類があります。
子宮から膣につながる口の細くなっている子宮の入り口部分を子宮頸部(しきゅうけいぶ)と呼び、この部位に発生するがんが子宮頸がんです。HPV(ヒトパピローマウィルス)というウイルス感染が主な原因で、性経験のある女性なら誰でもウィルスに感染する可能性があります。
一方子宮体ガンは、子宮体部の内側の子宮内膜という組織から発生します。
主に卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの継続的な刺激が原因で子宮内膜が厚くなり、子宮内膜増殖症を起こし、その一部ががん化すると考えられています。
治りやすい、治りにくいで区別されるものではありません。どちらも初期で発見できれば、予後がいいガンです。

質問者質問者

私は50歳なので自治体で「子宮がん」の検診を受けました。この検診は2種類の子宮がんの検診ですか?


女医女医

いいえ、自治体や健康診断などで「子宮がん検診」と一般的に言われているものは、子宮頸がん検診になります。

質問者質問者

更年期からそれ以降、子宮ガンが心配だと聞きますが、それはどちらのがんのことですか?

女医女医

子宮体がんのことです。
子宮頸がんは、最近は若い女性の患者さん(20歳代後半以降から30代後半でピーク)が増えているのが特徴です。子宮頸がんは検診で発見しやすく、治りやすいです。

一方子宮体がんは、日本ではとても少数でしたが、食生活の欧米化で肥満傾向が高くなったり、晩婚化で出産経験が減ったりしているため、子宮体がんになる女性が急増しています。
2008年には、子宮体がんの発症数は子宮頸がんの発症数を越え、今後も増加していくことが心配されています。

子宮体がんの発症は40代から増え始め、閉経後の50~60代をピークに、その後も発症する可能性があります
日本の女性の平均寿命が長くなったことが、子宮体がんの発症数が増えた原因とも考えられています。
子宮頸がんの死亡率が減少する一方で、子宮体がんによる死亡率は上昇しています。

質問者質問者

子宮体がんは、子宮頸がんに比べると、こわいガンなのですね。

女医女医

いいえ。子宮体がんは、ごく初期の段階から症状が現れる場合がほとんどなので、初期の段階で処置をすればこわいガンではありません。
おもな症状は不正出血で、他には茶色や黄色のおりもの、おなかの痛み・張りなどの症状もあります。

閉経後の不正出血は気づきやすいですが、更年期のまだ完全に閉経していない時期の出血は、自分では子宮体がんが原因の出血か、不正出血か自分では判断できないので注意が必要です。基礎体温をつけて、体のリズムを把握しておくといいです。
更年期中は、「子宮体ガン」の初期発見のためにも、不正出血などの異常を感じたら、自分で判断せず、病院で検査してもらうことが大切なのです!
子宮体ガンの検査は、子宮内膜の細胞診がまずおこなわれます。少し湾曲した細かい棒やチューブを子宮内部に挿入して、子宮の中の細胞を丁寧に採取して細胞診を行います。そのため少々時間がかかり、採取時に子宮頸がんの検査に比べて痛みがあります。

閉経後の女性には、体に負担のない超音波で子宮内膜の厚さを調べ、異常が疑われた場合のみ細胞診を行うこともあります。

子宮体がんと診断されると、MRI(磁気共鳴断層撮影)やCT(コンピュータ断層撮影)などでがんの状態を調べます。
子宮体がんの治療は、外科手術が最も一般的な方法で、開腹手術と腹腔鏡下手術があります。
医療の技術が発達してきているので、手術もそんなに心配しなくてもよくなってきています。

女医女医

早期に発見して治療すれば、子宮体がんは治すことができる病気です。
いつもの月経とは違う出血を感じた時や閉経後に出血などの異常を感じたら、婦人科で状況をつたえて受診してください。

子宮がんは早期発見できるガンです。異常があったら婦人科受診と定期的な検診を心がけておきましょう!