40歳から更年期うつ洋子さんの体験談
更年期うつで悩む女性

40歳で更年期?

私は40歳の頃急に体調が悪くなりました。
肩こり、腰痛、不安感、のぼせなど様々なことが身体に起こり始めました。とにかく調子が悪く、症状が出る度に病院に行っていました。
特にうつ状態が激しく、心療内科や精神科で抗鬱剤を処方していただきました。しかし抗鬱剤をのむと眠くなって、何もする気が起こりません。やらなければならないことがあるのに出来ないことに苦しみました。薬をやめてがんばろうとしても、すぐにグタッーとしてしまって何も変わりませんでした。処方されたお薬は飲まなければなりませんよ。何もできず、ぐったりしているうちにわけのわからないまま1年半が過ぎていきました。

そんな時に、知人との会話で「更年期障害」の話が出て、それまでの私の全部の症状が当てはまりました。
「まだ40歳なのにまさか?」と思いながら、婦人科に診察にいきました。
「更年期障害です」といわれました。40歳で更年期になるのですね!

HRT(ホルモン補充療法)で元気に

そしてHRT(ホルモン補充療法)を受けました。その前にHRTのリスクもきちんと理解しました。女性特有のガンにかかる確率が増すということなので、毎年しっかり検査をすれば大丈夫だと思いました。HRTをしている間は骨粗しょう症の予防薬になる利点もあるとのことでした。HRTについてきちんと理解してすることを決めました。

治療を始めて1週間で劇的に症状に変化が現れました。自分でも驚くほどの効果のはやさでした。精神的な面の変化が一番大きく、一気に前向きにとらえられるようになり、悩んていた自分から脱出できました。

更年期を乗り越えて新しいチャレンジ

女性の平均寿命が85歳なので、ちょうど自分の人生の半分が終わり、折り返し地点にあることに気づきました。更年期のつらい症状を乗り越えて、これから残りの人生を大切に生きたいと思うようになって、全く新しいことにチャレンジしました。
更年期障害の辛い時期を経験したからこそ、それを乗り越えたことで、あらためて自分の人生を考え、新しい一歩を踏み出せたと思います。
あの更年期障害の時期がなかったら、今の新しい自分はなかったでしょう。

更年期は人によってそれぞれだと思います。

    気づかないうちに更年期という時期を過ぎる人、
    病院に行かないと辛くて過ごせない人、
    市販のものを飲んでやり過ごせる人、
    辛い症状も人によって現れるところが違っています。

私のようにうつ状態が出る人もいれば、そうでない人もいます。
うつ状態になって抗うつ剤が効く人もいれば、私のように効かない人もいます。
私はHRTを取り入れて、それで劇的に良くなりました。
私の友人は、市販の漢方薬で良くなったそうです。

更年期障害は一時期のことだからと決して侮ってはいけません。
私の友人は、うつ状態に苦しみながら、自殺してしまいました。
きちんと対処しないと命にかかわることもあるのです。

更年期だから、そのうち治ると甘い考えでいてはいけません。
自分にあう対処法をみつけて楽になってください。

そして更年期を乗り越えれば、より強くなった自分がいます。
新しいチャレンジに挑んでいけます。
自分の人生をつくっていきましょう。